2014
01/14
引き売り士紹介

アローカナ

いつも元気いっぱいSさんからです。

  
おいしいこだわりのお豆腐やお総菜をお届けしています。
今日はその中のひとつ、
隠れた人気商品のご紹介♪
 
幸せを呼ぶと言われている、
「青い卵」を産むアローカナ鶏の卵です。
アローカナの卵は、殻が青い色をしています。
  
アローカナって鶏、ご存じですか? …
アローカナはチリ原産の鳥で、マブチェ族が大切に育て生み出した鶏の品種で、
その卵は一般の卵に比べて黄身の比率が高く、濃厚でとても美味しいです。
鮮度がいいので、生でも食べられます(o^-^o)
 
世界で唯一のとても美しい青い殻に包まれたアローカナ種の卵は、
殻が一般卵と比較して固いのが特徴です。
味は自然のままの滋味にあふれた黄色でとても濃厚です。
 
アローカナの特徴は、その栄養価。
一般的な卵と比較して、アローカナ卵は栄養価が高いことが大きな特徴です。
レシチンが約 2 倍・・・
老化防止成分が普通の卵のおよそ2倍
ビタミンBが約 10 倍から20 倍・・・
疲労回復、免疫力増加
ビタミンEが約 11 倍・・・
血液をサラサラにする、新陳代謝が活発になる。
 
幸せを呼ぶというネーミングが、なんとなくステキ~(≧▽≦)
 
よかったら食べてみてください♪
 
<綾瀬倉庫>

2012
11/01
引き売り士紹介

本日、ご紹介するのは、武蔵小杉倉庫からK君です。

アメリカで大工さんをやっていたとう彼。

男気もあり、たくさんのお客様から愛されています。

いつも、倉庫で会うと、いろんなお客様の近況報告をしてくれます。

お客様と親戚付き合いのような、とても優しい接客をしているのだと思います。

見た目は、写真のとおり、かなりワイルドなのですけどね…。

また、とても繊細に街をまわっています。

小さな路地もくまなくまわったり、時には、時間を変えてみたり。

そして、誰より早く倉庫に来て準備をしています。

まさしく、引き売り士の鏡です。

でも、なぜかすぐに出発せずに、黙々と小説を読んでたりします。

そうです、彼にはロマンがあるのです!!

だから、溝の口周辺は、ロマンチックが止まりません。

「毎度、お騒がせします」

そんな声が聞こえたら、ぜひ手を振ってあげてくださいね。  <武蔵小杉倉庫>

2012
10/26
引き売り士紹介

横浜のエースK君の、衣装です。

気合い入ってますねー。  <蒔田倉庫>

2012
10/25
引き売り士紹介

今日、ご紹介する引き売り士は、足立区の梅田担当Hちゃんです。

京都生まれの、やわらか~い口調とは裏腹に、ものすごい頑張り屋です。

彼は、頑張ってるから応援してます!というお電話が本社にかかってくるぐらいです。

普段は、ミュージシャンをやっているので、素敵なラッパの音色がしたら、彼かもしれません。

昨日ご紹介したクィーンに憧れてこの衣装らしいです。

あだ名は、浮かれポンチ君です。

足立区で浮かれた彼を見かけたら、ぜひ声をかけてあげてくださいね。  <綾瀬倉庫>

2012
10/24
引き売り士紹介

今日は、我が築地野口屋が誇る野口屋クィーンのSさんです。

彼女から買うと、うちの商品の美味しさが1.5割増しになります。

それぐらいお客様目線で一生懸命頑張っています。

いろいろ工夫してるようで、彼女のリヤカーは、とにかく派手です!

そして、服装も…。

なんでも手づくりらしいですよ。

足立区、港区を中心に動いてますので、お見かけの際には、
ぜひ手を振ってあげてくださいね。  <四ツ谷倉庫>

2012
10/12
引き売り士紹介

今回ご紹介するのは武蔵小杉倉庫のIさんです。
Iさんからのメールそのまま添付します。

僕は、普段目黒倉庫なのですが、毎週木曜日だけは、小杉倉庫です。

そう、調布まで行くために…(^-^)/

多摩川の土手をとぼとぼ歩き二子玉川を越え、祖師ヶ谷大蔵、成城学園のお客様を
まわりつつ、いちばーん遠いお客様は、調布の入間まで行きます、

ふと気になって、距離を調べたら…

13キロでした。

自称ですが、たぶん僕が1番、遠いお客様まで歩いているハズです!

我こそはと言う引売り士いたら、挑戦求む!

写真は、最近の、お気に入りのトマトジュースを抱いた入間のお客様。

ブログに載せたいから、写真撮らせてーといったら、お化粧直しまでしてくれました。

ありがとう、また来週も頑張って、きまーす!  <武蔵小杉倉庫>